top of page

ペットを飼いたい! わんちゃん入門編


わんちゃんや猫ちゃんを飼ってみたいけれど、「初めてだし、ちょっと不安…」と二の足を踏んでいる方も多いはず。自宅でわんちゃんを飼うためには、どんなアイテムが必要で、どんな準備をすればいいのか。初心者ペットオーナーへ向けた、わんちゃん入門編をお送りします。




小犬を飼うときにまずは何を揃えればいい?

今回は「ペットワールドPROX 西岡店」で、犬猫用品担当の上林さんに話を聞きました。

まずはエサを与える食器。

「小犬の場合、食器が動くだけで怖がるかも知れません。

シリコン製や、裏側にゴムが付いたものなど、床に置いても滑らないものを。

また、溺れると困るので、あまり深さがない小さめの物がいいと思います」

材質はステンレス製が、洗いやすくて汚れも付きにくいそう。

10カ月ほど経つと成犬になるので、少し深さのある器にチェンジしたほうが食べやすくなります。


また、日々のケアに使う、毛をとくブラシや爪切りも必要。

ブラシは、毛が引っかかると怖がる子もいるので、ゴム製などやわらかい素材で目の粗いものを選びましょう。

爪切りは、ハサミタイプだと切るテクニックが必要なので、穴に爪を入れ、閉じて切るギロチンタイプのものが便利です。

爪は生後2カ月を目安に一度カットすると良いでしょう。


キャリーバッグやお散歩用グッズも必要

乗り物などで移動するときには、キャリーバッグを使います。

ただ、狭い空間を嫌がって入りたがらない子も。

「初心者には、前面だけでなく天井からも出し入れできる、2つ窓のあるタイプがおすすめです」と上林さん。

「普段から、家の中で時々入れてあげることで、慣らしておくといいですよ」

個体の大きさに合ったサイズを用意しましょう。


さらに西岡店では、ハーネスに取り付けられる「オリジナルラベル」が大好評。

オプション料金でわんちゃんの名前を入れることができ、注文から1カ月ほどででき上がります。


おやつやオモチャは何がいい?

店頭には、わんちゃん用のおやつだけでも膨大な数のアイテムが並びます。西岡店で売れているのが「ボーロちゃん」

「低カロリーで、軽くてあげやすいのが特徴です。トイレトレーニングのご褒美などにも使われています。小犬には、ガムも乳歯用を与えてください」

あまりおやつをあげすぎると、ご飯を食べなくなる子もいるので、例えば留守番の後など、特別な時にあげるのが良いそう。


チュールなら「とりささみ」が売れ筋。

おやつとしてだけではなく、ごはんに混ぜて味変に使うこともできます。


オモチャは、「知育TOY」が人気。

飼い主が共働きでお留守番の子も多いので、転がすと中からおやつが出てくる仕掛けのものなど、ひとりで遊べるタイプが種類豊富に揃っています。


また、オモチャは飼い主とのコミュニケ―ションの大切なツール。

引っ張り合って遊ぶロープは、揺らしても使えます。

小犬は乳歯で噛むので、伸びる素材のものがよいでしょう。


ベッドやケージはスペースに合わせて

小犬用の「パピーベッド」は、フカフカ素材のものが多く、好みで選んでください。

ヒモ付きで、ずれないように固定できるものもあります。


トイレは、お手入れしやすい「ステップトレー」タイプが売れています。

上のメッシュは取り外しできるので、シーツ替えも楽。


また、売り場には、ケージと各種グッズがセットになった「スターターキット」もあり、初心者におすすめです。


犬種の選び方と飼いはじめの注意点

生体担当スタッフに聞いた、現在の一番人気の犬種はトイプードル。

毛が抜けにくくて体臭が少ないので、初心者にも飼いやすいのが特徴です。

小型犬なら、チワワやマルチーズも同様。

「初めてだけれど大型犬を飼ってみたい」という人には、ゴールデンレトリバーがおすすめ。

優しく、穏やかな性格の子が多いそうです。 また、トイレをしつける際には、失敗しても怒りすぎないこと。

ごはんを食べた後、くるくる回ったり、そわそわしたりの行動が見えたら、トイレに連れて行き、できたら褒めてあげましょう。

そして、体調を崩していないかどうか、日々、目を配ってください。

※この記事の商品情報は掲載日時点のものです。商品の仕様や価格、店舗の取扱い状況は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

閲覧数:30回

Kommentare


bottom of page