top of page

ダメな花もある!?仏壇にお供えする花の選び方





仏壇にお供えするお花は、「仏花」と呼ばれます。


仏花と一口に言っても、その種類はさまざま。


お花なら何でも良い訳ではなく、中には仏花として適さない花もあります。


そこで今回は、仏壇にお供えする花の選び方について詳しく解説していきます。



仏壇にお供えするのに適した花

仏花として適した花は、生花であれば傷みやすい花や散るのが早い花は避けて、長持ちするものを選びましょう。


ピンポン菊やトルコキキョウ、カーネーションなどがおすすめです。


造花やプリザーブドフラワーでも問題ありません。


気温が高い夏場は花の持ちも悪くなるため、季節によって使い分けるのも良いでしょう。



花の色は、諸説ありますが「六金色」または「五色」で選ぶのが一般的です。


六金色とは、「青」「黄」「赤」「白」「淡紅」に「5色の混合色(輝き)」を足した6色のこと。


五色とは「青」「黄」「赤」「白」「黒(紫)」を指します。



仏壇に適さない花は?


仏壇にお供えするなら、トゲや毒、香りの強い花は避けましょう。


トゲは殺生を連想させるため、バラやアザミなどのトゲのある花は仏花には適しません。


彼岸花やチューリップといった毒がある花は、「仏に毒を供える」ということになるため避けた方が良いでしょう。


また枯れた花やドライフラワーも、死や殺生を連想させるため仏花には適しません。



大切な人への想いを込めた花を備えよう

今回は、仏壇にお供えする花の選び方について詳しく解説しました。


仏花の種類は非常に多岐にわたるため、お花選びに迷われる方も多いですよね。


さまざまなルールはあるものの、大切なのは故人を想う気持ちです。


ルールを理解した上で、故人の好きだった花や色で選ぶのも良いでしょう。


仏壇や仏花を揃えるなら、豊富に取り揃えているジョイフルエーケーへぜひご来店ください。

閲覧数:103回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page