top of page

DIYの味方!加工センター


DIYで置き場所にぴったりサイズが合った家具を作りたい時、長い板を自分でイチからカットすると、時間がかかりますよね。

ジョイフルエーケーで購入した木材やガラス、金属などの商品を、そのまま館内の加工センターに持ち込むと、好きな長さにカットしたり、穴を開けたりの加工(料金別途)をしてもらえます

賢く利用してくださいね。



■必要な資材のサイズを図面に描く

 

DIY用の資材やツールが幅広く揃う「ビルドオン新道店」


店内で購入した商品を台車にのせ、レシートを持って1階「加工センター」の受付カウンターに行くと、「加工料金表」があり、木材のカットや面取り、穴あけなど、1カットごとの料金が細かく書かれています。


まずはここで、備え付けの「加工センター承り書」に、鉛筆で記入。

カットする際の寸法や、穴を開けたい位置など、事前に自宅で描いた設計図を持ち込むと、よりスムーズです。

わからない点はスタッフに相談しましょう。


書き上がったら、用紙をスタッフに渡し、専用の大型機械で加工してもらいます。

作業内容や込み具合によってかかる時間は異なります。



長い木材もあっという間に機械でカット

 

ノコギリだと切るのに時間がかかる角材やパネルも、大型機械の「クロスカットソー」だとほんの一瞬で均一にカットでき、作業の時短にもなります。

カット後の板に溝を付けたり、カンナで削ったり、といった細かい加工もできますよ。


 切れるのは、木材だけではありません。

たとえば「ガラスカッター」を使えば、ガラスもお好みのサイズに。



「誤って割ってしまったガラス戸に入れたい」など、用途が限定されている場合にも便利です。

そのほか、アルミ板や金属パイプ、すだれなど、多様な材質のカットが可能です。



加工が終わったら、初めに提出した「加工センター承り書」を受け取り、レジで加工代の会計を済ませてください。


また、店内には工具レンタルコーナーもあるので、自宅で使ってみたい工具については、スタッフに聞いてみてくださいね!

※この記事の商品情報は掲載日時点のものです。商品の仕様や価格、店舗の取扱い状況は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

閲覧数:106回

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page